サークルクロスの意味と経営理念


 サークルクロスは、もともとは、若林家の家紋である「丸に十」からとったものですが、その社名の理念とするところは、以下のようなものです。

 

 サークルクロスのサークルは、人びとや情報、希望が集う場であり輪であり環であり和であります。クロスは、その中心であり、人びと情報や価値の往来です。

 そういう想い、志から名づけました。

 

 また、サークルは、丸であり、円であり、πであり、無理数です。クロスは十であり、10であり、十進法の単位です。両方とも、万物の基本でもあります。そしてEXP(iπ)+1=0 です。

 そういう不可思議な真実をも意識しながら、精進していきたいと思います。


No Sideの立場で、情報発信、いろいろな助言を通じて、業界の発展のために貢献したいと思います。

 


事業内容


No Sideに基づくリサーチ(ファンダメンタルズ&アカデミック)、経営重心®理論に基づくコンサルティング(休止中) その他

*弊社は、セルサイドでも、バイサイドでもありません。投資を目的とした情報は一切提供しておりません。


オフィス


オフィスは、14階です。書斎、会議室、書庫、その他、トイレ、洗面所、物置、80㎡弱です。

書庫には、過去30年分の書類があり、例えば、日立だけで、段ボール10箱くらいあります。

最初は、広いとおもったのですが、だんだん狭く、本と書類に埋まってますが、効率的です。

 

2Fにも共用の会議室が3部屋あり、一番大きいのは、20人程度はいり、ホワイトボードもあるので、こちらをよく使ってます、TV局で撮影がある場合もだいたいこちらです。




会社概要


設立 2014年11月26日

代表者

代表取締役  若林真理

 

取締役(ファウンダー 非常勤)若林秀樹(東京理科大学 大学院 経営学研究科 技術経営専攻 専任教授)

科目として、 イノベーションを生む企業文化、 イノベーション志向型競争戦略、 ベンチャービジネス論、 業界分析、ゼミ等を担当

 

顧問 シニアアナリスト 塩田英俊(エネルギーなど)

顧問 フェローアナリスト 小野記久雄(ディスプレイ、デバイス、特許分析など)

顧問 フェローアナリスト 平野浩三(ディスプレィ、スマホ動向など)

顧問 スーパーフェロー マハムハム氏(半導体、イノベーションなど)

住所 東京都 中央区 月島

主要顧客 一部上場企業(事業会社が殆ど)、他

資本金 2275万円

株主 若林秀樹 他

取引銀行 三井住友銀行 京橋支店